鯉のぼり

2011.05.31 Tuesday 23:05
0
     今月のレクリエーションでも紹介した
    鯉のぼりが、できました

    1か月間の戦いの結果、
    看護師のみっちゃんチームが一番(真ん中)

    今日のご利用者さんのみっちゃんチームの
    Nさん、Iさん、ご満悦でした
    鯉のぼり

    今、ふと時間を見ると深夜1時前
    月末月始は、やはり、請求事務やなんやらで、遅くなります。
    明日も(今日も)楽しい一日になりますように

    目がきらり!

    2011.05.30 Monday 18:37
    0
       先日の午後から、スタッフのじゅんちゃんが
      玉入れを企画ししました。
      ただの玉入れでなく、かごに入れると1点、
      揺れるボール(じゅんちゃん釣竿先にビーチボール
      つけ、ブラブラ)にあたると10点

      いつもおしとやかな女性Yさんは、
      “そんなんできませんわ〜”って言いますが、
      いざボールを手にすると、目つきが勝負師になり
      投げる投げる

      投げる投げる

      じゅんちゃんの顔にも当たる当たる〜

      畳やソファーでくつろいでいる人も、いつしか、よってきました

      そうそう、主体的って、これなんです

      地域での協力

      2011.05.28 Saturday 13:22
      0
         今日もしとしと雨が降っています。
        霖雨、慈雨、時雨、梅雨・・・
        日本には雨に関する情緒的な言葉が多くあり、
        昔は雨を大切にしていたのだなあと感じます。

        今ちょうど昼休憩中にブログを書いています

        デイを起業する前からお世話になっている某地域包括の
        Iさんが地域で何か福祉のネットワークを作りたいということで
        独立されました。東日本大震災後4月に石巻に行かれ、
        避難生活者の困りごとを実際に行って確認されてきました。
        京都のこの地域としても何かできないかということで、
        今、本当に必要なものを集め、まとめて知り合った石巻の
        担当者に送ることをしています。

        ごゆるり倶楽部としても、できる範囲で協力したく、明日にでも
        衣類など近くの地域包括へ持っていこうと思います

        Iさんの話では、避難所ごとの格差や、トイレが流せないこと
        などによる異臭、体の悪いお年寄りやお金のない人たちが
        つらい思いをしている現状など、メディアでは伝えられにくい
        ことが多々あるようです。
        特に福祉ではいろんな団体がやってくるようですが、みな縦割りで
        支援がぶつ切りのようになっていて、支援や情報が共有できて
        いないよな感想を持ったようです。

        京都のここの地域でも、もっと情報やネットワークを
        システマティックにして、共有して、孤独死などの
        社会的に孤立してしまっている要介護高齢者を救う組織が必要だと
        僕も思います。

        自然に主体的に

        2011.05.27 Friday 19:04
        0
           今日は朝から雨でした
          今日のキャプテンはお風呂担当で、午前中は
          汗だくで、お昼はたくさん水分摂りました
          仕事以外であまり汗かくことしていないので
          疲れます

          昼食後、ソファーで休んでいる女性Nさんの
          横に男前の紳士Kさんが寄り添い、
          お話していました
          仲睦まじい

          普段は口数の少ないKさんですが、Nさんの話に
          優しいまなざしで答えていました

          15時前にテーブルで、そのKさんがコップ積を
          頑張ってやっていましたがなかなか積めず、
          まわりの女性陣が助けてくれています
          協力

          自然に、こんな感じで楽しんでらっしゃるのは、
          なんか羨ましく思いますね
          まさしく、ごゆるりの目指す主体性ってやつです

          心地よい午後のひと時

          2011.05.25 Wednesday 17:23
          0
             今日の看護師さんのゆーみんが
            急に休みとなりキャプテンがリーダーと
            レクリエーションを担当

            看護師がいない時はお客様の体調に特に
            注意を払わなければなりません

            若干いつもより血圧の高い方がいて様子を
            見ていましたが時間とともに通常値に戻り安心
            何か気になることあればすぐに看護師にコール

            小規模デイは看護師配置は必須ではないのですが、
            体調が変化しやすい状態の方に来て頂いているので
            前日看護師配置にしています

            今日は3人のスタッフで9名のお客様と過ごしました。
            特にバタバタもせず、スタッフ同士でいつも以上に
            協力して業務が遂行できました

            でも精神的に疲れたかなあ
            おやつ

            ほっとしたおやつの時間に庭から気持ち良い光が
            差し込んでいました

            焼肉で笑顔

            2011.05.23 Monday 17:50
            0
               今日は月曜日。雨ですが朝から女性陣は
              ウキウキ
              前々から計画していた焼肉の外食の日だからです。

              11時45分くらいから出発し、スタッフ2名と5名の女性の
              お客様で宝ヶ池の焼肉屋さんへ

              男性陣と少し体調不良の女性ひとりとスタッフ2名が
              残って食事(僕が太刀魚の煮魚、ブロッコリーと新玉ねぎの
              ソテー、焼売風野菜包み蒸し、みそ汁を作り焼肉に対抗
              というより男性陣はあまり焼肉に興味がなく、ごゆるりで
              ゆっくりしたいみたいです

              月曜日の女性陣の食べっぷりはすごいみたいです
              焼肉2

              焼肉

              やはり平均寿命が女性のほうが長いのも
              納得ですね

              とにもかくにも笑顔いっぱいお腹いっぱいで
              良かったです・・・
              日頃、糖尿だの、塩分控えめだの、いろいろ
              制約がありますから、たまには食べたいもの
              食べに行くのも、ごゆるり倶楽部ならではです

              ギャンブル??

              2011.05.20 Friday 19:09
              0
                 今日のレクは天然スタッフのまあちゃん

                午後から、とっこちゃん制作の丁半ギャンブルゲームを
                みんなでチップをかけて遊びました

                丁半以外に6色の色、3〜18までの数字が場にあります。
                親がサイコロ3つと色サイコロ1つを振りその出た数や
                色、奇数偶数を当てます

                お金も使って(1ドル紙幣っぽいごゆるり紙幣)

                僕はSさんと一緒にかけて、35ごゆるり万円GET

                ギャンブル

                最初は皆さん遊びだし〜って感じでしたが、当たると結構うれし
                くて最後のほうは真剣モードでした

                来週からグループホームに入るOさんが最後の日だったので
                おやつの時間にみんなが蛍の光を歌ってくれました

                けっこう、人付き合いの難しい方でしたが、愛嬌もあり
                けっこう気になる人でした。
                お家の諸事情で住み慣れた家を離れますが、幸せに
                生きてほしいと心から思います。
                ごゆるり卒業証書を贈呈いたしました

                また新しい出逢いを楽しみにしたいです

                午後のひと時

                2011.05.19 Thursday 22:09
                0
                  ごゆるり倶楽部では、デイサービスでの
                  過ごし方をなるべくスケジュール化しないようにしています。
                  介護する側の都合をなるべく排除したいからです。
                  そしたら、ご利用者さんの主体性が自然と出てくるからです
                  午後の風景

                  これは昼ごはんが終わり、しばらくしての様子です。
                  畳の部屋で女性陣がお昼寝したり、こたつテーブルで
                  昔話をしたり、まるで友達の自宅に遊びに来てた感じ

                  主体的にです

                  で、スタッフがそれとなく流れでゲームを仕掛けると・・・
                  ゲーム

                  ゲームしたい人が集まり、やっています

                  奥でまだひとり寝ていますが・・・

                  ごゆるり倶楽部の目指す主体的な介護です

                  心が動けば体が動くというのは、

                  受け身ではなく、自分がこうしたいからするんだっていう
                  主体性をいかに介護現場が創造していくかだと
                  思っています。
                  科学的、効率的、専門的・・・・も大事ですが、
                  主体的、個別的な向き合い方をもっともっと
                  大事にせにゃと思う今日この頃です


                  非科学的評価

                  2011.05.17 Tuesday 21:27
                  0
                     地域密着型の介護サービスにシフトしていくだろう
                    介護保険ですが、それも大事なんですが、もっと
                    お客様、利用者さん、との関係に向き合えるような
                    場所や人を育てる環境が必要だと思います。
                    たくさん施設ができても、そこに向き合う人がいなければ
                    高齢者の目は死んでしまいます。
                    2級ヘルパー講座とか介護福祉士の講習などでは
                    決して教えてくれないことなんです。

                    介護は医療と違い、病気を治すとかいった明確で
                    完結する目標がありません。
                    病気が治っても、心身機能が低下し、介護が必要な
                    状態で自宅に戻り、それが独居であったり、高齢の
                    配偶者が介護者である場合などは、寝たきりに
                    なるリスクは上がります。
                    それは、生きる目標や動機が薄いからでしょう。
                    健康で長生きしたい・・・って思う動機・・・
                    誰かに自分という存在を認めてもらいたいって
                    ことなんでしょう。
                    やはり人はひとりでは生きれないんですね。
                    だからごゆるり倶楽部で人間関係をもう一度
                    作ってみましょうって日々向き合っています!

                    個性という非専門的な領域に向き合った時の
                    評価は、非科学的でもいいんです

                    “あのばあ様、ずっと笑わなかったけど、
                    一緒に買い物行ってご飯作ったら、にっこり笑って
                    食べてはったわ〜”

                    歌は青春時代を想起させる

                    2011.05.16 Monday 20:59
                    0
                       今日はキャプテンはレクリエーション担当で
                      午前中、2文字の言葉から6文字の言葉まで
                      思い出してもらいながら
                      みなさんに順番に言ってもらいました
                       2文字は簡単・・・ハト、マメ、ハナ、など
                       3文字も簡単・・・トマト、スイカ、ウナギ・・・

                       6文字になると、さすがに出てきません
                       カイスイヨク・・・・ん〜他出ません・・・
                       
                      って感じで、ワイワイやって、午後からは
                      運動系のゲームをしたりしておやつの時間になり、
                      唱歌を流しました。すると、“春のうららの〜
                      って流れますと、涙を流して歌う方がいたり、
                      口ずさんで目を閉じたり、その反応に思わず僕も
                      聴き入っていました

                      最近、よくギターでみんなで唱歌や童謡など
                      歌うと昔話が出てきたり、けっこう学生時代、青春時代を
                      思い出される場面を目にします。

                      で、歌詞カードをきれいにまとめて作りました
                      歌詞カード

                      今のところ26曲作成し、すべてギターで伴奏できるように
                      なっています。
                      音楽療法とか難しいものではなく、歌声喫茶的な感じで
                      みなさんと歌っていきたいと思います。
                      唱歌を改めて聴くと、僕も小学校の良き思い出が思い出されます


                      PR
                      Calender
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      時計
                      ランキングに参加してますのでお願いします。
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM